今年のブラピは哀愁を手に入れた存在を知った時にはすでに大スターで、今も映画界の第一線を走り続けてるブラピに対して、こういう言葉はふさわしく···